サトラレのホメオスタシス - | 2022/03/05 18:03
ホメオスタシス(生体恒常性)は体内を正常な状態に保つ仕組みです。 サトラレはこの仕組みに干渉を受けることになります。 例えば塩分を取りすぎた時、体は自然と塩分を排出していきますが、 サトラレの場合は、この塩分の排出にクレームが入ることがあります。 正確には直接的なクレームは受けないかも知れませんが、 塩分の排出の逆流が起こるような情報をよく目にすることになり、 塩分の排出が正常に行われなくなるか、逆に塩分が増えることになります。 対策は塩分を取りすぎないことですが、サトラレはこの外部からの フィードバックに無自覚か、自覚することを許されていないので、 結果的に皆と同じように塩分を取ってしまいます。
回答する